中古物件のすすめ

中古物件は追い風市場

中古物件を居住用、又は投資用で購入する人は増えている。最近では耐震構造も強化されて中古物件でも50年は持つと言われている。そんな中で東京ではオリンピックも開催される事が決定し不動産市場はかなりの追い風市場になっている。

居住用中古物件

居住用では一昔前は新築ではないと嫌だと言う人がいました。ただ、最近ではマンション開発が進み需要に対して供給が追い付いていない状況もある。ただ、裏を返してみれば中古となるとデザイン、設備なども最新ではない。そのため、最新を追い求める人が売り払って次の物件を買い、そこで空室も目立っている。ただ、中古と言っても10年ぐらいしかたっていない場合は、最新ではないまでも設備などは最高に良い物件も多々ある。そこまでこだわりが無い人は中古物件でも全くもって問題ないと思っている。マンション建設ラッシュは家庭用、いわゆる2LDK以上のものも現在もかなり建設されているためこれからも空室は増えていくと思う。ただ、そこが買いのねらい目でもあったりする。

投資用中古物件

投資用の場合は新築よりも中古物件の方がニーズがあると言われている。1Kや1DKなどの物件は一生と言うよりは学生や社会人になった人が住む傾向が強く駅から近い場合はそれなりに需要があり築浅~築数十年経過していてもリノベーションなんんかしてあれば十分需要がある。そのため、中古の物件へ投資るる人も増えており中古物件の売買をする会社も活況な状況である。家庭用の物件に比べると中古物件の方が需要は高く特に都心部の場合は売り手がわが少ない状況でもある。売り手が少ないと言うのは需要の問題で需要と供給のバランスがあっていない状況でもある。この一人用物件の市場も今後もまだまだ建設は増えていくと思われ、今後もこの市場は活況な状況が続いていくと想定される。

参考サイト:
軽井沢の別荘物件
http://www.31mori-karuizawa.com/

都心の中古物件は狙い目

一言でマンションと言っても、大きな家や小さな家、建設してから年数が経過しているものや経過していない物がある。また、都心部ではマンションの需要は髙いが実際に地方都市へ行ってみると圧倒的に一軒家の方が需要が大きかったりする。一言でマンションと言ってもその土地によって需要が変わっている。もしも投資物件を購入する際には間違えなく都心部で且つ駅に近い物件を買っておけばよっぽどの事が無い限り損をする事はないと思う。特に東京の山手線あたりは需要は減ることはない。